ステイタスカードを手に入れたいと思ったら、健全なクレジットヒストリーを積む必要がある。

ステータスカードを持つとうことはやはり夢というか、憧れもありますよね。
ですが、それをそのままで終わりにすることなく、現実にすることもできるんです。

ステータスカードを作るために絶対必要となるのが、クレジットカードの審査基準になります。
では、どのような内容でどうすれば通るのか聞いてみたいところです。
ステータスカードを持つということは、社会的な信用が高くなければ持つということはまず不可能でしょう。
そして、入会費や年会費はかなり高いためしかっりと支払うことができるのかなど、様々な面で利用者との信頼感が必要となってきます。

では、ここで簡単な審査項目についてお話していきたいと思います。
基本的申込みには、申込み用紙が必要となります。
そして、記入欄に名前から職業を記入し、その他にもたくさん書き込む項目があります。
この申込用紙の情報と一緒に、信用情報機関にある情報を見ながらカード会社が審査を行い、カードの発行の有無が決まります。

各項目には、生年月日から年齢の確認、ある程度安定した収入と年収があるかどうかの確認、勤務先勤続年数も重要です。
家族構成も正直に書きましょう。
居住形態や居住年数として賃貸よりは、持ち家の方が有利とされています。

また、今までのクレジットカードの使い方に問題があると(お金を借り過ぎてしまった、支払い日に入金できず滞納してしまったなど)発行は難しくなってしまう確率は一気に大きくなってしまいます。
毎月安定してお金が支払えるかということが、カード会社にとっては1番確認したいところだと思うので、計画的な使用を心掛けて下さい。

このようにならないためにも、ステータスカードを作りたいと考えているならば、健全なクレジットヒストリーを積み重ねておくことが重要となってきます。
条件は揃っているのに、無理なカード使いをして審査に落ちてしまうということになる可能性もあります。
自分で自分を汚さないよう気を付けてカードを使って行きましょう。

Copyright (C) 自分に合った特典 All Rights Reserved.