クレジットカードで貯めたポイントを社会貢献へ寄付できるポイントプログラムがある。

クレジットカードの大きな特徴と言えば、使うたびにポイントが貯まっていくということもありますよね。
商品に交換したり、キャッシュバックすることもできたりポイントには色々な使い道があります。

ここで、注目して頂きたいのがクレジットカードで貯まったポイントを、自分のためだけに使うのではなく、他の使い方もできるということをご紹介したいと思います。
貯まったポイントの使い方の1つとして「チャリティ」「寄付」といったこともできるんです。
慈善団体や東日本大震災そして、世界中の方々などへ寄付することができるようになっています。
使わずに残っているポイントをそのままにしておくより、何かに使おうと思った時、あなたのその気持ちが世界中の人々を助けてくれることになるんです。

カード会社によって寄付のポイント単位には違いがありますが、少ない単位から寄付をすることもできるので、少しでも貯まっているポイントが残っている方は、寄付プログラムから社会貢献をしてみてはいかがでしょうか。
日本赤十字社、赤い羽根共同募金、ユニセフ、WWF、盲導犬協会などまだまだたくさんあります。

でも、たくさんの寄付金を求めているわけではないんです。
本当に僅かな金額でも、あなた自身の気持ちが込められて入れて、この人たちのために何か役にたちたいという思いがあればそれでいいんです。
そこで、ポイントから寄付をしていただけでば、1人から2人、2人から3人とどんどん増えていってくれると思っています。
そして、それだけ寄付金も増えて行ってくれれば、私たちそして支援を受けている方は一つになれますね。

自分の持っているクレジットカードのポイントをもう一度見直してみて、使っていないポイントがあるようならば、チャリティや寄付を考えてみて下さい。
現金での寄付は手間も掛かるし、少し難しいな…と思われている方でも、ポイントからの寄付で自分で負担することはほとんどありません。
快く社会貢献できるかもしれませんね。

Copyright (C) 自分に合った特典 All Rights Reserved.