クレジットカード利用料金を滞納した場合は一時的に信用の供与は取りやめとなる

クレジットカードの利用料金が、残高の不足などで引き落としができなかったとします。
そのような場合は、滞納したと考えられすぐに使えなくされてしまうのでしょうか?

今月分のクレジットカード支払日に引き落としができなかった場合、クレジット会社から再引き落とし日をするという案内のハガキが届きます。
再引き落としの案内ハガキは銀行からの引き落としで大丈夫ですが、2度同じことを繰り返してしますと、銀行からの引き落としはしてくれなくなってしまい、コンビニや金融機関などで直接支払う振込用紙が入っていることがあるそうです。

これが入っていた場合は、だいぶ危険な状態なので急いで振り込むようにしましょう。
そして、利用者の信用の供与は一時取り止めとなってしまい、カードを使うことはできなくなります。
滞納してしまうことで、一時的に利用者に対し信用が失われてしまったり、クレジットカード歴にキズを付けることになってしまうので新規作成が難しくなってしまう確率が高くなってしまうこともあるんです。

そして、その案内を無視したままにしておくと、今度は電話による支払いの督促があります。
曖昧な答えを伝えるのではなく、確実に支払うことができる日をしっかり伝えることが重要です。
この時点で延滞金はどんどん増えてきているわけですから、なるべく早めに支払えるようにしましよう。

また、滞納して3ヶ月以上そのままにしておいてしまうと、カードを強制解約されます。
また、カード会社から滞納者に対し訴訟を起こすそうです。
ここまでなってしまうと、差し押さえになってしまい本当に恐ろしい状態になってしまします。

クレジットカードを利用する時は、残高不足にならないように確認しながら使うようにして下さい。
払えないからそのままにしておくのではなく、後からリボや分割払いに変更する事ができるサービスもあるので、ライフスタイルを考えながら変更してみてもいいと思いますよ。
クレジットカードとても便利なモノですが、一つ間違うととんでもない事になり兼ねません。毎月注意をしながら、正しい使い方をして行くように心掛けて下さい。
こちらに銀行系・流通系などのクレジットカードの特徴がまとめてありますので比較してみてください。

Copyright (C) 自分に合った特典 All Rights Reserved.