クレジットカードの利用限度額はその額まで自由に使えるということである

クレジットカードには、利用限度額というものがあります。
これは、カード会社が設定した額までの範囲内であれば自由にお金を使えるというシステムになっています。
しかし、その額を超えてしまった場合は、リボ払いにしていても関係なく支払わなくてはいけなくなってしまいます。

利用限度額までのお金は自由に使えますが、支払いももう少しで終わるからまた限度額まで使えるといった考えはあまりしないように心掛けておきましょう。
利用限度額を条件をクリアできれば、上げることもできるそうです。
サイトなどで申告して、手紙やメールで通知が来るといった方法だそうです。
他には、直接クレジットカード会社へ電話をして相談をしてから、限度額を上げってもらうということもできます。

しかし、これもその場で上がるわけではなく審査が必要となってきます。
ただ、直接話をし疑問や質問を聞く事ができ、返答してくれることがうれしいですよね。

よくクレジットカードを使うことによって、カード会社が普段から良く使ってくれていて、支払も期限をしっかり守ってくれているみたいだから、限度額を上げても問題ないと判断した場合、UPされます。
今まで限度額が20万だった人が、いきなり一気に100万にして上げて欲しいというのは難しいと思います。
しかし、少しずつ今回は30万くらいとお願いすれば、カード会社もこれくらいなら問題ないかと思ってあげてくれるかもしれません。
地道に限度額を上げていくパターンも考えられますね。

クレジットカードの管理をしっかりしながら、毎月の限度額残高など確認も忘れずにおこなってください。
自由に使えるお金と聞くと、裕福な気持ちになってしまいますが、現実を見れば借りているお金、言えば返さなければいけないお金なんです。
結局は自分のお財布から出て行ってしまうんです。
嬉しい気持ちになれているのは、今だけということなんですよね。
無理な買い物は止めて、計画的に判断をしてお金の使い方には十分に注意しましょう。

こちらにはクレジットカードの支払方法であるリボルビング方式や個別方式など普段あまり使われない方法について詳しく解説されていますのでご覧ください。

Copyright (C) 自分に合った特典 All Rights Reserved.