ICカード対応のクレジットカードでは4桁の暗証番号で入力することで本人確認している

お買い物をする時にクレジットカードを使って支払をする方も増えてきていますが、クレジットカードにも情報を記憶させる方法には違いがあるんです。
磁気ストライプカードは従来のカードや通帳などに使われており、裏面の帯状になっている黒い部分に情報が記憶されています。
今回ご紹介する新しい型のICカードです。

ICカードとは、カードにICチップが埋め込まれていて、そこに大量の情報を記憶する事ができるようになっています。
カードの表面に金色で四角く表示されているのがICカードということです。
とても高機能なカードなので、偽造することや解析が難しいので、セキュリティーもしっかりしているので、安心して使えるカードとなっています。

ICカードの大きな特徴と言えば、今まで本人確認のためにしてきたサインが必要なくなり、暗証番号の入力で本人確認をすることができるようになりました。
暗証番号のみでクレジットカードの本人確認ができるとなると、本当に時間短縮になるというか、スムーズに買い物を済ませることができそうですね。

こんなに便利なICカードですが、この暗証番号に注意しておいてもらいたいことがあるので覚えておいてください。
ICカードを使用する時に、定員もしくはスタッフなどが口頭で暗証番号を聞いてくることがあるそうです。
そして、代わりに入力してあげますといい、暗証番号を聞き出すといったトラブルも何件もあったそうです。
そんなことは絶対にありません。
まず、何があってもカード会社の人でも警察の人でも暗証番号を聞いてくる人はいませんので、誰にも教えることはしないでください。

また、誕生日の4ケタに暗証番号にすることはあまりおすすめできません。
その理由は、もしお財布を無くされたときに、カードと一緒に保険証や免許証などが一緒に入っていた場合、生年月日で誕生日が分かってしまい、これじゃないかと試されてしまいお金が使われてしまうことことも考えられるからです。
なので、誰も知らない関係のない4ケタを考えて、暗証番号にしましょう。

Copyright (C) 自分に合った特典 All Rights Reserved.