磁気ストライプカードではクレジットカード決済時には明細書のサインで本人確認

クレジットカードでお買い物をした場合、必ず行うことと言えば本人確認のサインではないでしょうか?
ですが、その方法もカードによって変わってきました。
カードの形式には2種類あります。
カードといえばこの型「磁気ストライプカード」新しい型「ICカード」となっています。

磁気ストライプカードには、裏面に黒い帯があります。
その中に情報が詰め込んであります。

ICカードはICチップに情報が記憶されています。
カードの表に四角い金属製で表示されています。
最近発行されているカードは、この1つが一緒になっている「ハイブリット型」がほとんどだそうです。

ここで、買い物の時クレジットカードを利用する際、磁気ストライプカード専用のカードリーダーを通すときには、本人確認として明細書にサインが必要となります。
ICカード対応のカードリーダーの場合はサインは必要なく、暗証番号を自分で入力するだけで本人確認はOKなんです。
サインを直接しなくても本人確認ができるということから、時間の短縮にもなり、まして楽になった感じがします。
その反面、注意することとしては、暗証番号を数回間違えてしまうとロックが掛かってしまいカードを利用することができなくなってしまうので十分気を付けて下さい。

また、暗証番号をメモ帳や手帳などに書いて持ち歩くということはしないで下さい。
何かに書いておかないと忘れてしまうからという気持ちは分かりますが、それをしてしまうと、もしも落としてしまった時や盗まれてしまった時に、暗証番号を知られてしまう可能性がとても高くなってしまいます。
家にメモを書いて残しておく分にはいいと思います。
そして、メモを確認してから使うという習慣をつけて下さい。
後から後悔しないためにも、今できる事はしておいた方がいいと思いますよ。

また、年配の方をターゲットにして暗証番号を聞き出してくるといった被害も増えています。
カード会社も警察も暗証番号を聞くということはしませんので、他人に暗証番号を教えるということはあり得ませんので、絶対にしないで下さい。
こちらに 人気の高い楽天カードやライフカード、また若い女性に人気のルミネカードなどの年会費やカードごとの特徴などが記載されているサイトがありますので比較してみてください。

Copyright (C) 自分に合った特典 All Rights Reserved.